手順書を使う作業のデータ収集!作業記録管理ソリューションのご紹介

お勧め商品, 工場IoT, 未分類

1.作業記録管理ソリューション概要

作業記録管理ソリューションは、手順書やマニュアルを見ながら進める作業向けのタブレットアプリです。
手順毎の作業時間と作業結果をリアルタイムに収集・集計します。


2.解決できる「よくあるお悩み」

・紙に作業の記録をしているため、転記、集計の際にミスが発生する。
・習熟度の高い作業者が検査・作業を飛ばしてしまう。
・作業者ごとの作業の能力や実績が見えない。
・標準タイム(ST)の設定基準があいまいになってしまっている。
・クレームの内容と検査担当者の紐づけができていない。
・検査の進捗状況が集計した後でしか分からない。

3.作業記録管理ソリューションによるペーパーレス・作業標準化

人による作業が多い工程において、作業手順ごとにタブレットへ結果を入力することにより、作業を標準化し、生産性を向上します。
また、作業手順がタブレット上に表示されるため、作業手順書が不要になります。


4.集計の自動化・作業の見える化

作業工程別、作業手順別の所要時間を自動で集計します。
また、作業対象を画像撮影することにより、トレーサビリティー管理や不良分析に活用することも可能です。


さらに、Web経由でどこにいてもリアルタイムに作業状況を把握することができます。


5.作業記録管理ソリューションの主な特徴

作業精度向上の促進:手順書を見ながら正確な工程作業(組立工程・検査工程)を実施することにより、作業精度を向上します。
作業効率の向上:作業手順ごとに作業終了を押下すると次の作業内容が自動的に表示されるため、作業チェックと次作業の表示を同時に実現し、作業効率が向上します。
測定結果の自動判定:交差検査などについては、交差テーブルを設定することにより測定結果を自動で判定します。
柔軟なカスタマイズ:ユーザーにて作業内容や作業工程、管理項目などを自由に設定することができます。


「詳細を知りたい」「デモを見たい」など お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

関連記事一覧